タクシードライバーの勤務体制とは!?

昼日勤は夜勤が無いこと

タクシードライバーの昼日勤は、普通のサラリーマンと同じように、朝7時に業務を開始し、夕方の4時に勤務を終えるという勤務体制です。この働き方はタクシードライバーの間でも好評で、なにかと両立しながらのんびりと仕事をしたいという人に向いている働き方です。というのも、夜勤が一切ないので体への負担が少なく、定年退職した人でも参入しやすい勤務形態と言われています。ただ一つ難点を言うと、深夜割増賃金が無いことから、昼日勤で稼ぐことができるお金というのは夜日勤や隔日勤に比べると少なくなります。しかし、のんびりと働きたい人、また、介護や趣味などと両立をしながら生活をしたい、そんな方には昼日勤という勤務形態が向いています。

隔日勤務が一般的である

都市部のタクシードライバーの勤務形態は、隔日勤が一般的であるとされています。この隔日勤という働き方は、簡単に言えば昼日勤と夜日勤を合体させ、2日分を一度に働くことです。隔日勤は勤務時間が長いのが特徴で、20時間ほどになります。しかし、隔日勤にはメリットも多いです。例えば、休憩時間が3時間と長く、いつでも好きな時間に休憩を入れることができ、タクシードライバーの裁量に任せられています。また、長い勤務時間を終えた後には明け番という休みを必ず入れることができる様になっています。そのため、昼日勤に比べて休みが必然的に多くなります。20時間という長い勤務の後には、必ず休むことができるので、それほど身体的なきつさを感じることはないといいます。

運転手の求人は一般の求人サイトにも募集はありますが、ドライバー専用の求人サイトなどを活用するといいでしょう。