タクシードライバーのお仕事とは?

タクシードライバーの役割と仕事の流れ

数あるドライバーの職種の中でも、人を乗せて目的地まで運ぶことを仕事としているのがタクシードライバーです。タクシードライバーの仕事は朝出勤をして会社に報告をした後、決められたタクシーに乗車してお客を探す所から始まります。お客探しは街中を走り回りながら見つける流しと呼ばれる探し方と、特定の場所でお客が来るまで待機をする待ちの2種類です。どちらを選択するかは個人の判断となりますが、スムーズにお客を見つけるには時間帯や曜日を考慮して使い分けることが重要となります。利用者が見つかったら目的地を聞いて経路確認をした後、安全に細心の注意を払って届けて、代金を貰うのが基本の流れです。タクシーの勤務は多くの所がシフト制で、日勤と夜勤を交互に行います。

会社の規模によって異なる働き方

需要の増加に伴ってタクシー会社の数は増えていますが、大手や中小など規模によって働き方は異なります。中でも大きな違いとして挙げられるのが専用の待機所です。大手のタクシー会社はオフィスビルやホテルなど利用者が多く集まる施設に専用の待機所が設けられています。いわゆるタクシー乗り場と言われるこの場所は、個人や中小規模の会社のタクシーが無許可で利用することができません。このように、大手は働きやすさという点ではメリットがありますが、歩合給の設定が中小規模の会社に比べて低いなどのデメリットもあります。また、働く上での細かいルールも大手は厳しく設定されているため、タクシー会社で働く時は様々な条件を考慮して決めることが大切です。

運転業の求人はドライバーの人材が不足している現場が多い影響で、経験の有無を問わないものが大半を占めています。